Arch Enemy, Engel @横浜Blitz Apr 14 Sat 2012

RSS
Weiterleiten

14. Apr. 2012, 17:57

Asia & Australia Khaos Tour 2012
Sat 14 Apr – Arch Enemy, Engel
http://www.creativeman.co.jp/artist/2012/04arch/

Engel】18:00-18:35
(Gothenburg, Sweden, since 2004, melodic death metal, industrial metal, modern metal, similar to Breach The Void, Raunchy, Degradead, Blinded Colony, Universum)
official http://www.engelpropaganda.com/
myspace http://www.myspace.com/engelmusic
facebook http://www.facebook.com/Engel.Propaganda
twitter(JPN) http://twitter.com/#!/engel_jp
last.fm http://www.last.fm/music/Engel
wiki http://en.wikipedia.org/wiki/Engel_(band)

(members)
Magnus "Mangan" Klavborn – vocals (2005–present)
Niclas Engelin – guitar (2005–present)
Marcus Sunesson – guitar (2005–present)
Steve Drennan – bass guitar (2008–present)
Jimmy Olausson – drums (2010–present)
(former members)
Daniel "Mojjo" Moilanen – drums (2005–2010)
Robert Hakemo – bass guitar (2005–2006)
Johan Andreassen – bass guitar (2006)
Michael Håkansson – bass guitar (2006–2008)

(setlist)
01 Question Your Place
02 Threnody
03 Sense the Fire
04 Casket Closing
05 Down
06 Frontline
07 Elbow and Knives
08 Until Eternity Ends
http://www.setlist.fm/setlist/engel/2012/yokohama-blitz-yokohama-japan-6bde7a12.html
事前に配られたというセトリ http://bayfm78.com/prt/newfolder_3/20120413archenemyengel.htm

朝からのあいにくの雨。急きょ行こうと思い立って、行ってきました。開演時間ぎりぎり。当日券はまだありました。
会場に入ると、アーク・エネミー目当ての方はまだいないのかまだ後ろは動く余裕があります。6時になったかならないくらいに暗転してスタート。ドラムの人だろうか、おでこにランプ付けているように見えるのは。industrial metalとあるように、最初はニカっぽい電子的な音で始まりました。あれれ?と思っていたら、普通のメタルになりました。演奏が始まると前の隙間に人がどっと押し寄せて行ったため、後ろに隙が出来たので、柵のある端のあたりに移動してモッシュを避けられる位置を探します。今回は、下手側の観客のモッシュとサークルピットが上手より格段に激しかったです。

曲は、8曲で終わり。Arch Enemyのサポートを務めるだけあって、鉄板の演奏です。音もうるさすぎず、丁度よい。乗っているうちにすぐく終わってしまった。正味40分弱はやっていたのでしょうか。Engel目当てに来たようなものですので、少し物足りなかったです。
フライヤー、このために作ってくれたみたいです、感激。

サイン

Engel@横浜Blitzステージ

Engel-Magnus Mangan Klavborn-vocals

Engel-Niclas Engelin-guitar?

Engel-Marcus Sunesson-guitar? Steve Drennan-bass? 分からんです。

Engel-Jimmy Olausson-drums

Arch Enemy】19:10-20:45
(Halmstad, Sweden, since 1996, melodic death metal, thrash metal, female fronted metal, similar to Amon amarth, Children of Bodom, Dark Tranquility, Kalmah, The Agonist)
official https://www.archenemy.net/ http://archenemy.net/japan2011/
myspace http://www.myspace.com/archenemy
facebook http://www.facebook.com/archenemyofficial
twitter https://twitter.com/#!/archenemymetal
last.fm http://www.last.fm/music/Arch+Enemy?ac=arch+e
wiki http://en.wikipedia.org/wiki/Arch_Enemy
wiki(JPN) http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%8D%E3%83%9F%E3%83%BC

(members)
Michael Amott − lead and rhythm guitar (1996–present), keyboards on Doomsday Machine and Rise of the Tyrant
https://twitter.com/#!/Michael_Amott
Sharlee D'Angelo − bass guitar (1999–present)
Daniel Erlandsson − drums (1996, 1998–present)
Angela Gossow − lead vocals (2001–present)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%82%B4%E3%82%BD%E3%82%A6
Nick Cordle − lead and rhythm guitar (2012−present)
彼の美しい写真をどうぞ https://www.google.co.jp/search?q=Nick+Cordle&hl=ja&prmd=imvnso&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=UjCKT82rFI_MmAXY-NDfCQ&ved=0CDIQsAQ&biw=637&bih=886&sei=DzGKT63rBYPRmAWahc3DCQ
(former members)
Christopher Amott − lead and rhythm guitar (1996–2005, 2007–2012)
Martin Bengtsson − bass guitar (1997−1998)
Johan Liiva − vocals (1996–2000)
Peter Wildoer − drums (1997)
(touring and session members)
Fredrik Nordström – keyboards on Black Earth, Stigmata and Burning Bridges
Per Wiberg − piano, grand piano & mellotron on Burning Bridges and keyboards on Wages of Sin, Anthems of Rebellion and Khaos Legions
Dick Lövgren − touring bassist (1999)
Roger Nilsson − touring bassist (1999−2000)
Gus G. − touring guitarist (2005)
Fredrik Åkesson − touring guitarist (2005−2007)

(setlist)
01 Enemy Within
02 Burning Angel
03 Heart of Darkness
04 Ravenous
05 Savage Messiah
06 Dead Bury Their Dead
07 Web of Lies
08 The First Deadly Sin
09 Behind the Smile
10 Snow Bound
11Shadows and Dust
----encore----
Khaos Overture tape
12 Yesterday Is Dead And Gone
drum solo by Daniel Erlandsson
13 Lament of a Mortal Soul
----encore 2----
14 Silverwing
guitar solo by Nick Cordle
Intermezzo Liberté by Michael Amott
15 We Will Rise
16 Nemesis
17 Fields of Desolation, excerpt only - instrumental outro with guitar solo
Enter The Machine tape
http://www.setlist.fm/setlist/arch-enemy/2012/yokohama-blitz-yokohama-japan-5bde7b64.html
事前に配られたというセトリ http://bayfm78.com/prt/newfolder_3/20120413archenemyengel.htm

Arch Enemyは、アンジェラ姐さんが、いつもキラキラまぶしくて、圧倒されます。今日は赤いぴったりしたハーフTシャツ。胸の下からお肌が見えていて、割れている腹筋が色白のお肌と共にまぶしく光り輝いています。眼の下の黒塗りは今日は小さいです。いつ見ても素敵。間奏では、マイク持って弾く真似したり、アークエネミーの2重丸にとげとげの旗振ったり大忙しです。エンターテイナーですね。MCでは、昨年(昨日と間違えて言っていた)被害にあったりなくなったりした人々に捧げる等と言ってました。普通の声も聴きやすくて美しいです。

新しいギターのNick Cordleは、上手端で弾いています。長い髪がかっこいいけど、人の肩や頭の間からなのでなかなか見えません。ギターやベースの人たちとたまに位置を変えてくれます。正確無比なChristopher Amott のギターが少し懐かしくなりましたが、彼も素晴らしいですね。見た目はどちらも端正でかっこいいです。Nickのほうが少しワイルドなところが入っているかもしれませんが。以前は、Arsisのギターやってたんですね。

脱退の理由について、「クリストファーはただ単にエクストリームなメタルを演奏することに今はもう違和感を感じるようになってしまったというだけの話です。」
http://trooper.co.jp/artist_archenemy.html
とありますが、そういえば、以前からArmageddonやサイドプロジェクトは、なんか違いましたものね。うー、しかしあのテクニカルなギター、もっと聴きたかったですね。

下手端のMichael Amottは、もう泣きのギターがたまりません。途中の曲でなんだか変な音出したなっと思ったら、チューニングが前のままだったらしく、観客もズコーって感じでご本人も照れていました。ああ、一度でいいから真ん前で目の前でじっくり見たい。赤い髪が燃えるようです。色もアルビーノ並みに白いし、夏の日焼けには要注意っていつも思います。

drumsのDaniel Erlandssonも、相変わらずきっちりバンドを支えています。ドラムソロの時は、やっぱり自分の好きにやらせてもらえるのがうれしそうな様子です。

bassのSharlee D'Angelo、痩せました。かっこ良くなりました。アンジェラ姐さんに、ケツを叩かれたからでしょうか。マイケルはあんまり動きませんが、Sharleeは、わりと上手のNickの所にも行きます。一度ギター3人で並んで弾いてましたが、まー、かっこいいですこと。このバンドを見ていると、本当にオーガナイズされた観客に見せることにプロ意識をしっかり持ったバンドだと思います。たまにミスがあってもブレがありません、プロ意識があって、安心して見ていられます。

来日、ありがとうございました。
ステージ

サイン、前日はなかったそうです。

光り輝くAngela Gossow

赤毛の美しいMichael Amott

Arch Enemy-Daniel Erlandsson-drums

ほかのメンバーは、写真が撮れませんでした。

P.S. Engel @ Loud Park 2010

P.S.2 なんと4/19(木)、20(金)に原宿Astro Hallで追加公演が決定されたとのこと。終演後にはサイン会も開かれるとのことですよ。
http://www.creativeman.co.jp/artist/2012/04arch/
追加公演の秘話

Kommentare

Sage etwas. Melde dich bei Last.fm an oder registriere ein neues Benutzerkonto (es kostet nichts).