Linkin Park @ Makuhari Messe, Chiba, Japan Sept 11 2011

RSS
Weiterleiten

11. Sep. 2011, 14:00

Sun 11 Sep – Linkin Park Live
http://www.creativeman.co.jp/artist/2011/09linkin/

Linkin Park】17:30過ぎ- 19:00くらい
(Agoura Hills CA, USA, since 1996, rapcore, nu-metal, alternative metal, similar to Dead by Sunrise, Jay-Z and Linkin Park, Fort Minor, Xero, Chester Bennington)
official http://www.linkinpark.com/
facebook http://www.facebook.com/linkinPark
twitter http://twitter.com/#!/linkinpark
myspace http://www.myspace.com/linkinpark
last.fm http://www.last.fm/music/Linkin+Park
wiki http://en.wikipedia.org/wiki/Linkin_Park
wiki(JPN) http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%AF

(members)
チェスター・ベニントン(1999年 - 現在)ボーカル担当。
ロブ・ボードン(1996年 - 現在)ドラムス担当。
ブラッド・デルソン(1996年 - 現在)ギター担当。
フェニックス(1996年 - 1999年、2001年 - 現在)ベース、コーラス担当。
ジョー・ハーン(1996年 - 現在)DJ担当。
http://twitter.com/#!/joehahnLP
マイク・シノダ(1996年 - 現在)ボーカル、ギター、キーボード担当。
http://twitter.com/#!/m_shinoda
(former members)
マーク・ウェイクフィールド / Mark Wakefield(1996年 - 1998年)
チェスター・ベニントン加入前(Xero時代)のリード・ボーカル。1998年に脱退。現在はバンド「タップルート」のマネージャーをしている[2]。
カイル・クリステナー / Kyle Christener(1998年 - 1999年)
『ハイブリッド・セオリー EP』でベースを代役。現在は「NoseDive」というバンドに所属している[2]。
スコット・コーツィオル / Scott Koziol(1999年 - 2001年)
「ワン・ステップ・クローサー」(『ハイブリッド・セオリー』収録)でベースを代役。

(setlist)
01 The Requiem
02 Faint
03 Lying from You
04 Given Up
05 What I've Done
06 No More Sorrow
07 From the Inside
08 Jornada del Muerto
09 Waiting for the End
10 Burning in the Skies
11 Numb
12 The Radience
13 Iridescent
14 Fallout
15 The Catalyst
16 Shadow of the Day
17 In the End
18 Bleed It Out (No Roads Left during bridge)
----encore----
19 Empty Spaces
20 When They Come for Me
21 Papercut
22 New Divide
23 Crawling
24 One Step Closer
http://www.lpassociation.com/forums/showthread.php?t=34767

京葉線に乗っていたら、ディズニーランド周辺でゲリラ豪雨になっていた。少し走るとまた青空が見えてきた。念のためビニール合羽を用意して会場へ。なんと一桁の番号だったが、中に入るとファンクラブの人達が既に最前左右前を占めていた。二番目をゲットしたが、大変な目にあった。後から巧みに割り込んで最前に無理やり入り込んでいた方が何人かいた。

安全上の理由ということでペットボトル蓋を強制的にはずさせられて入場、会場内には撮影禁止の張り紙もあったが、ファンクラブの最前の方々はペットボトルの蓋もしたまま持ち込んでいたし、写真もとりまくっていた。ちょっと何か違うものを感じた。これだけで相当テンションが下がった。ステージと最前列の間の空間にもファンクラブの方々が10人くらい来て、ゆったり見たり、写真をとりまくったりしていた。背が高い子は結構邪魔だよね。

曲は、以前は全ての曲を歌えるくらい好きだったし、アルバムは全部持っていて何回も聞いているので、たいてい歌えますが、腕で頭殴られるは、押されるは、足蹴られるは、踏まれるはでぎゅうぎゅう。なんで割り込もうとするんだろうか。AL前は、熱狂的なファン(マナーを忘れたか知らないとも言う)が多くて大変でした。

というわけで、ライブに十分集中できる環境ではなかったのですが、もちろん歌える限り歌いました。但し、ラップ部分の早口はもうついていけません。周りの人達もサビはみんな歌っています。前の一部の方々の中には、やはりサビ意外も歌っているらしき方もいました。

チェスターは、ステージ上で結構つばを吐くんですね。途中でぴったりした上着脱いで白いランニングになっていました。下手側は開演前にスタッフが沢山ピックを投げ入れてくれたり、ライト操作の人か5人ヘルメットを被った人が縄梯子で天井近くまで登っていったりして結構見物でした。ステージ前にはLPの赤いロゴの周りにメッセージが書かれた布が下げられていましたが、途中でチェスターマイクがドラムセットの前か何かに移していましたね。マイクは、日本語で東日本大震災について触れたりしていました。途中でつまずいていたけどなかなか上手な日本語でした。まっ、ネイティブでないのでやはり外国人が話しいてる日本語でしたが。チェスターもマイクもよく前に来てくれます。やはりかっこいいな。
目の前は、ブラッド・デルソン。たまに手を振ったりしてくれます。ハーンも一度か二度、前に出てきてくれたかな。クラウドサーフが7,8人くらいは出たんだろうか。一回軽く頭を蹴られた。

最後に、メンバーもピック投げ入れたり、ドラムスティックを投げ入れたりしていました。チェスターは、セトリも投げ入れてましたね。最後は、マイクとチェスターが真ん中で肩くんで挨拶。背の高い乱暴な人々に囲まれての観戦でしたが、なかなかでした。
自分はあまり汗をかかなかったのですが、周囲の方々の汗で背中がびっしょりになりました。

楽しいひと時を有難うございました。

Kommentare

Sage etwas. Melde dich bei Last.fm an oder registriere ein neues Benutzerkonto (es kostet nichts).